Lon Sagisawa

2020-11-26-23-31-52

さくらのメールボックスを自分のネームサーバーで使う

2020年11月25日

Namecheapのブラックフライデーで新しいドメインを取ったので、それでメールボックスを運用することにしました。Google Workspaceは月々680円もするので、もう少し安く上げたい……ということでさくらのメールボックスを使うことにしたわけなのですが。

【新コントロールパネル】他社で取得・管理中のドメインの設定方法 – さくらのサポート情報

いやネームサーバーはCloudFlare使ってるし、そのサブドメインに別のAレコードを指定するつもりもあるから、自分でMXレコードとかSPFを設定したいんだけど。ということで少し調べましたが簡単でした。CloudFlareに限ったことかもしれませんが、サーバーのIPアドレスを調べる必要もありませんよ。

さて設定ですが、最初にさくらのメールボックスを契約した時最初に決めた ●●●●●.sakura.ne.jp の形式のホスト名があると思います。これだけ必要なので、忘れていたら契約した時に来たメールを見ておきましょう。

DNSの設定をする前にさくらのメールボックス側でドメインを使う設定をしておきましょう。

2020-11-27-00-04-29

CloudFlareのDNS設定に入り、以下の2つのレコードを追加します。

タイプ 名前 コンテンツ TTL
MX 使いたいサブドメイン 最初に決めたホスト名 自動
TXT 使いたいサブドメイン v=spf1 a:最初に決めたホスト名 ~all 自動

使いたいサブドメインの項目は、もしドメインの直下にしたいなら@を入れておきましょう。

MXレコードを設定するだけでもメールのやりとりはできますが、この下にあるTXTレコードはSPFレコードというもの。設定しておかないとGmail等のメールサービスがアドレス偽装と判断して送ったメールがスパム扱いされてしまうので、入れておいたほうがよいものです。

2020-11-27-00-12-38

あとはさくらインターネットのマニュアル通りにメールクライアントを設定。2時間ほど待った後にGmailのアドレスを持っているならそちらにテストメールを送ってみて、釣り針のアイコンが付かなければOK。IPを直接MXレコードに指定しているわけではないので、なんらかの理由でメールサーバーのIPアドレスが変わっても大丈夫です。

logo

Lon Sagisawa

福井県在住の1995年生まれ男性。ゲームしたり写真を撮ったりコードを書いたりして過ごしています。日本国内でお仕事募集中。

Mastodon / GitHub / Twitter / Twitch